モバイル通信を取引することができたら・・・。余ったモバイルデータ通信量を、誰でも販売したり購入することができるなら・・・。世界中の人と繋がることのできるモバイルデーター通信を、世界でシェアリングできたら・・・。世界中の人が、より安く・安心してモバイル通信を手にすることができる。そんな、モバイル通信を新事業として開発・研究しているのが「MOOVER(ムーバー)」です。




MOOVER(ムーバー)は、シェアリングエコノミーの一つです。
場所・乗り物・モノ・人・お金などの遊休資産(持て余した資産)をインターネット上のプラットフォームを介して、個人間で貸借や売買、交換することでシェアしていく新しい経済の動きです。

効率的に遊休資産をマッチングすることで、短期間で大きな経済効果を生み出す可能性があると、大注目の事業です。

MOOVER(ムーバー)は、シェアリングエコノミーのプラットフォームなのです。


シェアリングサービスの代表的なサービスは、Uber(ウーバー)。
一般的ななタクシーの配車と一般人が自分の空き時間に自家用車で他人を運ぶ仕組みをアプリなどを活用して構築しています。顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する相互評価を実施しています。
知らない人の車には乗ってはいけないのでは・・・と思う方も多いと思いますが、互いの情報が分かっていると普通にタクシーに乗車するのと変わりません。
Uber(ウーバー)は、設立2009年から2017年6月迄の間で、700億ドルの価値があると言われています。

日本では、白タク問題など国民性でしょうか?条件が厳しいようです。アベノミクスの今後の規制緩和に期待です。
日本では、民泊や紹介型求人、観光でも人気なお寺ステイもシェアリングサービスのひとつです。

自分の余った資産が経済を生み出す事が出来るということです。


モバイル通信料の余っているのでしょうか?参考の棒グラフでは、これからもっとモバイル通信料は増える見込みです。2017年は、11EB(110億GB)が契約されています。実際の使用量は約80%なので、約20%は捨てられている状況です。
利用者は、約20%を返金して欲しいと思っていますが、現在そのようなサービスはありません。

MOOVERは余った約20%を、必要な人へ、格安で、販売しようとする事業です。


日本や韓国、中国、アメリカやヨーロッパでは、子どもから大人までモバイル通信ができます。
しかし、一方では通信環境が整っておらず、高い通信料が必要な途上国もあります。

通信環境が整っていない地域の通信手段は、モバイル通信が主になります。

中東とアフリカだけで見ても、2013年から2018年の間に通信量が約14倍になると予想されています。

現在、中東とアフリカなどでは、2Gや3Gを主に利用しています。
20年前くらいの日本を想像してみます。高い機種を購入して、高い通信料を給与から支払う。携帯電話を持っているのがステータスのような時代でした。
そんな時代が、これからの中東とアフリカなのではないでしょうか?

大手企業でもシェアリングサービスをスタートしてきています。大企業同士のつながりは、互いの利を得る共存する方法でWIN-WINの関係が築かれでいます。

このようなサービスが広域に広がったなら、今はないサービスですが、今後当たり前のサービスになる可能性があると思います。インテル入っている?のような。

考えてみたら、気づいたら当たり前にいるサービスは、今はないけれど類似したものは存在しています。

ホワイトペーパーに賛同できれば、先見の明でコントリビューションしてみはいかがでしょうか?

モバイルデータ通信を世界中とシェア!

この画期的なプロジェクトに参加したい方は
今すぐこちらからからご登録ください!

【MOOVERトークンセールこちらから】

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー: ICO